初めて,パソコン,購入,PC,選び方,案内所

デスクトップのサイズについて


パソコンの説明に、〜型・〜タワーなどが
記載されているのを見たことありませんか?

 

この〜型や〜タワー等の記載は
パソコン本体のサイズをあらわしています。

 

パソコンには大きさごとに名称が存在し、
その呼び方を知ることによって、
ある程度の大きさを連想することができます。

 

あらかじめサイズがわかっていれば、
購入した後の設置場所なんかの想像もつきやすいですよね。

 

知らずに買うと意外と大きいじゃん!
ってなことにもなります。

 

ということで各型の大きさについてご説明していきます。

 

- 目次 -

1.フルタワー
2.タワー
3.ミニタワー
4.スリムタワー

 

型ごとの説明

フルタワー型

 

 

もっとも大きいパソコンのサイズ規格です。

 

肝心のサイズは、約幅25cm、高さ57cm、奥行き60cmで、
重さはなんと10〜15kgにもなります。
小柄な大型犬くらいの大きさでしょうか。

 

大きいと場所を確保するのが大変ですが、
その分拡張性が高く、非常に効率の良い熱処理が可能です。

 

排熱が寿命を大きく左右するので、ゲーミング用やサーバー用といった
高負荷で長時間の作業を行うパソコンに向いています。

 

あとなぜかはわかりませんが、
フルタワーパソコンには個性的なデザインのものが多いです。

 

パソコンに道具としてだけではなく、
インテリアとしての機能を持たせたい方ならば、
フルタワーパソコンは魅力的かもしれません。

 

タワー型

 

 

タワー型もほどほどに大きいです。
サイズは約幅20cm、高さ45cm、奥行き50cm、
重さが6〜8kgとなります。

 

フルタワー程も大きくは無いですが、
この大きさでも置いておくにはけっこうな場所が必要です。
机の上に置くと不安定になるかも。

 

フルタワーと比べると拡張性は落ちますが、
それに伴い威圧感は多少減ります。

 

このサイズ以上になるとパソコンの存在感が悩ましいものですよね。

 

ミニタワー型

 

 

オールマイティで一般的な規格です。
約幅19cm、高さ35cm、奥行き38cm、
重さが4〜6kgとなります。

 

ゲーム用ではこのサイズが最小としておいたほうが良いです。

 

これ以上小さくなると排熱が追いつかず、
故障の原因にもなりますし、修理も部品を選ぶようになります。

 

販売されているパーツのほとんどは、
このサイズ以上での使用を想定しているものが多いです。

 

そのためこのサイズ以下となると
修理や増設に使えるパーツの選択肢が大幅に減ります。

 

置き場所に余裕があるならミニタワーにしておくのが安心です。

 

スリムタワー型

 

 

会社や学校でよく見るサイズはこれですよね。

 

皆さんのパソコンのイメージはこのサイズになるのではないでしょうか。

 

約幅10cm、高さ35cm、奥行き38cm、
重さが3〜5kgと非常に小柄です。

 

学校や会社などにこのサイズが多いのは、
学校や会社での使用用途に性能がぴったりなのと、
使用する場所が狭く場所が確保できない為です。

 

実はこのサイズから電源が一般的な規格ではなくなり、
電力が小さめの電源を搭載しています。

 

基本的には空きがなく拡張性はほぼ皆無です。
電力も少ないので、期間を決めて使うのが得策でしょう。

 

 

さいごに

 

パソコンの性能は時間的な劣化をおこしやすいので、
長期的に使用する予定ならば、ミニタワー以上のサイズを選び
今後の修理やパーツの交換・増設などに備えましょう。

 

ミニタワーパソコンのおすすめはこちら

 

BTOパソコンショップランキング

 

上に戻る

みんなにこの記事を共有しよう!

BTOパソコンショップ人気ランキング

ドスパラ

日本のBTOパソコンショップで一番知名度が高いであろうドスパラ。 ネットや初心者向けのMagnateシリーズやゲーミングPCのGLLERIAシリーズなど用途別にパソコンが数多く存在しています。 その中でもオンラインゲーム推奨パソコンは最多です!

マウスコンピューター

iiyamaやEIZOなどの高解像度ディスプレイを低価格で取り扱っており、クリエイターの方々から指示を得ているマウスコンピューター。3年保証ではディスプレイも含めた保証をつけることも可能、初心者でも安心してパソコンを使えます。

パソコン工房

PCWatchや4Gamerなど、数多くのコラボをこなしているパソコン工房。お見積もりの画面は初めての方でもとてもわかりやすく、見やすくできています。パソコン設置サービスも行っているのはありがたいですよね。


トップ このサイトについて 探す 選び方 小技・豆知識 目次